SEO対策はキーワードを選びコンテンツを更新し続けることが大事

SEO対策におけるサイトマップは人間用のものとは違う

SEO対策ではサイトマップを作ることが求められますが、いわゆる人間用のサイトマップと検索エンジン用のサイトマップは違います。

人間用のサイトマップでは、そのWebサイトにはどのようなコンテンツがあるのかを大まかに示したものが使われ、一目でサイト全体の様子を知ることができます。目的のコンテンツを探すことに時間をかけたくない人に便利な機能です。

一方の検索エンジン用のサイトマップというのは、ページやタイトル、見出し、URLなどをリスト化したファイルだということができ、「xml」などの形式が用いられています。検索エンジンがそのサイトマップを訪問することによって、サイト内の全てのコンテンツにアクセスし必要な情報を得ることができるようにしてあげるものです。

人間用のサイトマップでは画像も使えますが、検索エンジン用のサイトマップでは画像をクローラーが読み取ることができないので、テキストがあれば十分で、書き方も人間には読みにくいとしても機械が読みやすい形になります。

SEO対策上の効果の大きさはさほど大きくないと言いますが、新規サイトやコンテンツを知らせる上では大事なアクションになりますのでSEO対策のひとつとして頭に入れておきたいところです。

ピックアップコンテンツ

  • SEO対策におけるサイトマップは人間用のものとは違う

    SEO対策ではサイトマップを作ることが求められますが、いわゆる人間用のサイトマップと検索エンジン用のサイトマップは違います。…

  • SEO対策では新規コンテンツか既存コンテンツのリライトか

    SEO対策としてはコンテンツを増やした方が良いという話もありますし、一方でコンテンツを見直してリライトするのが良いという話もあります。…

  • SEO対策業者を選ぶ時は事前問い合わせを忘れずに

    SEO対策専門の業者は数多く存在しますが、SEO対策として行ってくれる事は全ての業者が同じというわけではありません。なのでもし初めて業…

  • SEO対策は1度では終わりません

    1度SEO対策をしたからと言って安心してはいけません。たった1度の対策で良いほどSEO対策は甘くはないんです。検索エンジンのクローラー…

最新記事一覧